読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとのライトなブログ

いろいろやっています。マルチカードゲームプレイヤー

あいオフ使用構築メガボーマンダスイッチ

クレセリア@オボンのみ
てだすけ トリックルーム
ボーマンダ@ナイト
ハイパーボイス やつあたり
ゴウカザル@タスキ
バンギラス@達人の帯
いわなだれ あくのはどう
だいちのちから まもる
ハッサム@命の珠
バレットパンチ とんぼがえり
ばかぢから まもる
モロバレル@ゴツメ
キノコのほうし いかりのこな

メガボーマンダを軸に構築したスイッチトリルパーティです
から構築をスタートさせています
日本代表決定戦ではヒードランモロバレルランドロス+αが猛威を振るいこの3体に引けを取らないように組む。を前提にスタート。

モロバレルランドロス相手にはクレセリアメガボーマンダが強いこと、実際にプレイ出来る時間を考慮し使い慣れているこの2体を軸にすることにしました。
構築の軸最後の1体のバンギラス
大地の力搭載のバンギラスは読まれづらい、クレセリアメガボーマンダの対応範囲外のヒードランへの受けだし性能が高い、メガボーマンダが苦手とするクレセリアへの性能、ファイアローリザードンなどへの対処に加え天候奪取と非常に多くの役割を担っています。
大地の力を搭載するため、スカーフを持たせるより達人の帯を持たせ、ヒードランを1発で処理できるようにしています。
1発で倒せなくても攻撃範囲を伸ばせる突撃チョッキも候補でしたが、弱点が多くトリックルームを横で打つ機会が多かったため、達人の帯としました。バンギラス種族値が高く、抜群技を受けてもミリ耐えして返す機会が多いことから命の珠はなしです。
トリックルームを打つ、岩雪崩を打つために性格は冷静としました。

このあとは3匹で対処出来ない部分を埋めていきます。
ニンフィアの攻撃を半減できる、ガルーラに弱くはない、トリル下で強いの3点からモロバレルを選択。モロバレルの持ち物はゴツメと世間的に決まっていたのでゴツメ。あまりに使う機会がなければ変えるつもりだったが受け回しを決行するパーティなので噛み合っていると感じ、そのまま使うことに。
物理攻撃してくる相手に出していきます

メガボーマンダを動きやすくするためのゴウカザル
単純にハイパーボイスの試行回数が増える分非常に有効とレパルダス+メガボーマンダで学んでいたのでここに取り込みました。
レパルダスでない点は炎格闘というタイプからです。
元々メガボーマンダが鋼タイプに弱いため、そこに打点を持つことができるのが優秀です。相手の鋼タイプに炎技を打ち、特殊耐久が高いミロカロススイクンインファイトを打つことができるのは単純ながら強かったです。
パーティ全体で先制技に弱いということはなく、ファストガードは認知度が高いため省くことにしました。
最後の一枠はまもる、マッハパンチ、手助け、アンコールから選択になります。今回はキリキザンに対し不意打ちの上から倒すためにマッハパンチとしました。ファストガードだと隣へのアイアンヘッドインファイトだと隣への不意打ちがケアできないためです。満タンから一発では倒せませんが基本的にハイパーボイス猫騙しのダメージが入っているので瀕死まで持っていけます。

上5枠は使った上で強く、ここから4体選出できるパターンはそれなりの勝率でした。
この1枠に1週間以上かけて未だに結論とまでは自信を持って言えません。
役割としてはヒードランへの打点を持てる(ヒードランを見たらバンギラスを確定選出ということを避けたい)
サザンドラに強い(メガネ、スカーフ最初の時点では分からず、クレセリアボーマンダバンギラスの時点では打点が持てません。ゴウカザルを入れた時点で多少緩和されましたが何れにせよ厳しいのは変わらない)
ニンフィアへの打点(上5体だとボーマンダしかダメージを入れられず、ニンフィアの数に対して対処法がほぼ1点はあまりに細く、プレイングに負担がかかりすぎる)
トリトドンクレセリアへの打点を持つ(上から攻撃してくるポケモンに対してはトリックルームが有効ですが遅く、耐久の高いポケモンでは下から氷技を打たれ続けるだけで負けかねない状況が続いていました)
トリトドンクレセリアへの対策には目を瞑り、命の珠ランドロスを使用していた時期もあったのですが、使い勝手はかなりよく、守れるランドはやはり強いなぁと感じてはいたのですが、サーナイトニンフィアクレセリアトリトドンがシビアになる点がどうしても安定感を欠けさせる原因と感じランドロスハッサムに変更しました。

立ち回り的には初手トリックルームで相手を削り、最後にメガボーマンダで〆る。
最初からメガボーマンダ+ゴウカザルで攻めて途中からスイッチ。
メガボーマンダが場にいてもトリックルームをうって攻める場合すら存在します。

バンドリ、トドン、クレセリアが厳しいのが構築レベルでは不可能でしたが、勝てなくはない。というレベルです。
結果としてバンドリトドンを踏んで負け、初手いばるから動かず負け、ハッサムを最遅にせずに最遅ドランに抜かれて負け、おいかぜ数え間違いと不運にも催眠3ターン目起きずに負けと振るわなかったのが非常に残念ですが、調整がたりなかったことは間違いないので、またオフに出るときは今以上に調整していきます。