読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとのライトなブログ

いろいろやっています。マルチカードゲームプレイヤー

【shadowverse】勝てるエルフ講座【シャドウバース】

Shadowverse

f:id:raitostar:20160229225710p:image
ワンキルウィッチとかいうクソコンテンツに気付くまではエルフ使ってました。20000000%ワンキルウィッチ系統(前回紹介したウィッチよりマイルドな構築も含め)に勝てないので最早勝てないエルフな気がしますが、そこらへんのウィッチ以外なら勝てそうです。

デッキ構築

f:id:raitostar:20160229232120p:image
f:id:raitostar:20160229232411p:image
これ大変見づらいですよね。Jみたいに1発で見えるようにしろって苦情出しておきます。

コンセプト

後手の捲り、不利な状況を捲るのをイメージした構築です。前回のウィッチとは正反対の負け筋を塞ぐ構築です。フェアリーを手札に2枚持ちつつカードを投げていきます。基本的に相手の返しのターンで相手の盤面を更地か凍結にします。全体除去には相変わらず弱いですが手札を持って対抗することで相手の除去を意に介せず盤面をコントロールすることができます。フェアリーを加えるカードが最小限であること、常に盤面を返すことを意識して立ち回るようにするために、フェアリーを場に送り出すのは最小限にしましょう。もちろん、手札にフェアリーがありすぎて死にそうな時は出していいですけどね!
まりがん
マリガンは1〜2耐え
4は悩み。5は絶え。
4のは後手ローズガーデンキーパーのみキープ(しても良い)
しても良い、というのは488や455のような大きい時にキープするのではなく、124、224など下が整っている時にキープします。上が固まってしまった場合は思い切って全マリです。低コスト帯が多いこのデッキで事故は即死なのでお疲れ様です。

対面に出てきたエルフには入ってないカードてんこ盛りですが、エルフの攻撃不可は明らかに強いのでちゃんと使いましょう。

では、みなさんウィッチを使いましょう。

これ、構築晒しても知らない人はなにも起こらないんで次こそあのカードが強い。とかあのカード、強そうで実は弱いよとか書くべきだねうんうん。