読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとのライトなブログ

いろいろやっています。マルチカードゲームプレイヤー

【ポケモンSM】灼熱スイッチ流動記(噴火スイッチ)【アローラダブル】

ポケモン

ブログ更新モチベが高いです。
と、いうのもポケモンの育成もなんとなく落ち着いてきているところなので、今のうちにアウトプットしておきます。
Webライティング能力はすぐ落ちてしまいますからね(かなり落ちた)

灼熱スイッチ

前2体で雑に削る(有利を作り)ヤレユータンコータスの噴火采配を押し続けるゲームを目指します。
もちろん、逆パターンの噴火采配で雑に削りを入れてからの〆パターンも存在します。

ver.1

さて最初の6体です
ジジーロン
ヤレユータン
メタグロス
ボーマンダ
カプブルル
ペルシアン

コ ー タ ス が い な い
元々脱出ボタンペルシアンを使ったスイッチが強そうと構築したので、コータスではなくジジーロンを採用していました。
ねこトリルからペルシアンが脱出してハイボポチってトリル切れた後にペルシアンで〆るという形を取ろうとしていました。
しかし、鋼ポケモンに対してどうすることもできないこと、ハイボだと微妙に火力が足りないということでコータスを使用してみることに(関東リージョナル当日am6:00)
気合いで孵化をして2〜3戦潜ってみると悪くないのでこのまま持ち込むことに。

ver.2

コータス
ヤレユータン
メタグロス
ボーマンダ
カプブルル
ペルシアン

関東リージョナル自体は2-3とかなりあれな戦績になってしまいました。
しかし構築の問題点が浮き彫りとなったので、勉強としてはとても良かったです。

問題点としては以下4点が挙げられました。
1.ガブリアストリトドンウインディが多すぎる
2.カプ・テテフ+ウインディが一貫している
3.Wolfパーティ(ベトベトン+ニョロトノ)が無理
4.ガブリアスに対して上からやられてしまう

1、4はトリックルームさえできれば誤魔化すことが出来るので、負けということはありませんが、どちらにしろ褒められる構築ではありませんでした。
3は本当に無理でした。100戦やったら100戦負けそうです。

ver.3

コータス
ヤレユータン
メタグロス
カプ・ブルル
ゲンガー
ワルビアル

ベトベトンが嫌いだったのでワルビアルを投入。
フェアリータイプに上を取りやすいゲンガーを投入(ゲンガーはトリル持ち)
ワルビアル:パーティが浮いていないのでジメンZを持たせて使用。
しかし、カプに上を取られやすいポケモンであるため、仕事がしづらいという致命的な弱点。
環境に多いポケモンに強いのではと思っていますが、この構築ではなさそうです。
ゲンガー:かなり出しやすい。
しかし、相手のガブリアス地震で"ついで"に大ダメージをもらってしまうのが非常によろしくない。なぜお前は浮遊でないのだ。
タイプ的にかなり出しやすく、気軽な気持ちで選出していたが、前述したついでに倒れる問題、そもそも耐久がないので、有利な相手に対面する前にやられる。
ゲンガーでトリルを打っても勝ちきれないなどの多くの問題を孕んでいました。

ver.4

コータス
ヤレユータン
カプ・ブルル
メタグロス
カプ・コケコ
ワルビアル

カプ・コケコ:メガネを持たせて火力を高める。
めちゃくちゃ雑に使ってからトリルを打ったり、ボルトチェンジで引っ込めながら大事に使うなどメガネとは思えない器用さ。
ヤレユータンとの相性も良く、相手のトリパ相手に放電采配で全てを葬ることも(1回あった)
メガネコケコは自分にあったいいポケモンだと感じることができました。

ワルビアル:続投。
ベトベトンへの打点がないことを懸念しての続投。
コケコと並べて放電してみたりすることもできます。

まぁまぁいい構築でしたが、問題点も拭えませんでした。
炎タイプと水タイプの一貫です。
ボーマンダを抜いた時点から気になってはいたのですが、ダメージを食らってもヤレユータン+コータスの並びを成立させれば一瞬でひっくり返すことができるので無視していたのですが、並びを成立させるのが困難になってきました。

ver5

コータス
ヤレユータン
メタグロス
エンニュート
ボーマンダ
カプ・コケコ

ブルルの選出率低下、フェアリーの一貫性を切るべくエンニュートの採用。
エンニュート:ガリガリ
ボーマンダ:やっぱり強かった。おくびょうのみがわり持ちを使用していたのですが、みがわり置くタイミングがあまりに下手すぎることに途中で気づいたので、プレイ面での課題です。

と、このようにパーティを変化させてきました。
この構築としてはまだまだ完成とは言えないので手を加え続けようと思います。
正直書いていて問題点と変更点がチグハグだなぁと思うところがいくつもあったので、適切な変更とチャレンジができるようになりたいですね。

すべてのポケモンに関して書くのは大変なので、構築の穴となってしまった部分とその変更点についてサラサラっと書いてみましたが如何でしたでしょうか。
このパーティの構築が進んだ時、別の構築を使い出した時にまたなにか書ければな。と思います。