読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとのライトなブログ

いろいろやっています。マルチカードゲームプレイヤー

それは僕たちの奇跡~チャンスフォーミ-~

f:id:raitostar:20140513175236p:plain
画像の通りのパーティです
4月の前半あたりから調整し続けてこれにまとまりました

こんかいのコンセプトは上から雪崩れてイージーゲームにするのが目標です。
メガプテラで雪崩れで削り後半トリルからの〆か
メガプテラサーナイトから交代トリルからの展開でラスト雪崩れて〆のパターンがあります。
ですがトリルパターンを意識しすぎた場合サーナイトを無駄にしたりしてしまうので気を付けないといけないです。
では個別
プテラ
今回の軸です
わざはテンプレ的な技にまとめました
なだれはいうことなしでフリーフォールはトリックルームと噛み合わせるとかなり自由度のたかい技になるのでぜひ試してほしいです
氷の牙はドラゴンへ楽に打点を持てます
ガブリアスを殺してあげましょう
カバルドン
じしんなだれまもるは確定
氷の牙は炎の牙との択ですごい悩んだのですが急にナットレイが減ったことに気づき氷の牙を選択。正解だったと思いますがナットレイが増えたら炎の牙かもしれません
もちものはガルーラへのメタ。プテラ交代カバ出してゴリゴリ削ってあげましょう
サーナイト
カロスダブルでの評価が死ぬほど高いです。トリル打ててドラゴンをワンパンしていくさまはイケメンのそれ

ギルガルド
技の範囲がとにかく強い。ゴースト格と闘はチカラありますね
本当ならラスカよりワイガな気がしますが余計に考えなくていいようにラスカにしました。
今回の構築の失敗点を挙げるならここですね

4匹は確定で
あと2匹決めるのにかなりの時間を要しました。さらにいうとこれで正解といえるかもあやしいです


候補としてメガライボルトボーマンダの威嚇コンビで
ファイアローメガライボルトでつかったりサザンドラボーマンダメガライボルトで使ったりしました。
ファイアローを抜いてしまった場合に一番困ったのがマリルリの処理。個人的にマリルリへの最強のメタはファイアローだと考えていたのでこうしましました。
なぜ最強のメタかというとマリルリの上から高い打点を持てるからです。基本的に初手に出てきたマリルリに対しては集中攻撃を浴びせて1匹捨てて後発ファイアローにすべてを託します。
ファイアロートリックルームを打った場合、打たない場合でも同じようなパフォーマンスができる神ポケなので自分がつくったスイッチにはすべて入っていますw
このパーティの先発メガプテラで適当に雪崩れたあとに削れたポケモンを掃除するのがかなりGOODで抜く選択肢はないなと思いました。

最初はライボルト
このポケモンは小回りがよくきき炎、電気のいい範囲での攻撃ができるのでよかったのですがロトム系列へのダメージがうまいこと与えられないこと、電気タイプの技が打てるのに雨への選出が意外とし辛いの2点が大きく解雇を強いられてしまいました。

ここでこの枠で重要な点をまとめると
雨への先発選出ができる。
ロトムへの高打点。
炎打点がある。

ここでメガライボルトと同じ特性、ボーマンダに目を付けました。
雨への先発選出はカバ+ボーマンダ
ロトムへの打点としてメガネを持たせ
炎打点としての火炎放射
これでファミ通カップに出ることに
働きとしては上々でこれで綺麗にまとまったかなーと思っていたのですが雨への勝率不安、キリキザンに対して戦い方が厳しい
複合してキリキザンin雨の韓国雨に選出すらできないという事態に
キザンの処理方法はトリル後のギルガルドの聖なる剣、カバルドンファイアローが基本だったのですがどれも微妙に条件が厳しいということでボーマンダを変更してみることに
ここで迷走期間に入ったのですが1週間前に昔の追い風雨を思い出しタスキサザンドラを使うことに!
若干の火力不足感は否めませんでしたが雨相手への勝率もグンとあがりキリキザンのせいで起こる選出の幅の狭まりもかなり少なくなりタスキにしたことでスカーフマンダからの圧力からも逃れられることに成功しかなりいろんな相手をメタれるPTに!

個人的にはかなり完成度が高いと思っていたのですが2日目に完全に闇に飲まれてしまいかなり残念でした…
まぁ普通に下手だったので精進したいですね