読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいとのライトなブログ

いろいろやっています。マルチカードゲームプレイヤー

映画「ポッピンQ」がぼくの好きな作品だった

あけましておめでとまうございます。
今年のぼくは一味違うぞ。という気分でブログを書いています。

ある程度記事を書いてアフィリエイト収入を得て楽しいことしてレビューしてがサイクルできたらとてもいいなぁとか思いつつ、現在アフィリエイト収入を得るあれこれはしていません。

さて、本題に入ろうと思います。
映画ポッピンQが結構面白くてビックリしました。
短い映画であるため、内容が結構ザックリしてるのが、見やすいポイントな気がしています。
f:id:raitostar:20170104215034j:plain


前評判から「踊って戦う」かのようなイメージを持って劇場に足を運びましたが、そんなことは一切なくて、踊りはみんなの心を通わせるモノで別にこれで戦うというものではありません。
むしろ普通に戦闘します。実質プリキュアです。
これで、だいたい皆さん見たくなったと思いますが、一応ポイントを何点か書いていこうと思います

主役5人が可愛い

f:id:raitostar:20170104215523j:plain
メガネかけてるやつのみ、ぼくは好みではなくて腹パンしてぇ〜と思って見ていたのですが、みんな可愛い。
キャラが可愛いのって今のアニメ映画の最低限な気がするので、ここを推すのは他に褒めるとこないの?感ありますが、可愛いんだよね。
なんかこう綺麗な可愛さで受け入れやすい可愛さ。ただ結構オタク寄りなキャラデザであることには間違いない。(オタク寄りでない女の子キャラの可愛さって結構難しそう)

こんな可愛い子が踊るんだからそれは見るでしょ

友情・努力・勝利

ジャンプの王道が詰め込まれた作品です(ジャンプは関係ない)
とても王道で真っ直ぐな作品です。
ぼくはあんまりわからないんですけど、TOHOの面白さ、詰まっとるという感じらしいです。

それを可愛い女の子がやるんだからそりゃ良いでしょ。わかるでしょこの気持ち。

中学生という思い雑多で年頃な女の子たちが直向きに友達とともに自分の悩みを超えていくのです。300000いいねが付く。

今から映画館行ってきて

なんか下手なネタバレを避けようと書いたらあんまりおもしろくない文章になってしまった感がありますね。
でも、とても見やすくて面白い作品なので時間の都合が合えばぜひ見てほしいですね。